留学しなくても英語を話せる方法【オススメ本2冊とYouTube動画】

留学しなくても英語を話せる方法オススメ本2冊とYouTube動画大人の英会話学習
タブレットで勉強している女性

留学しなくても英語を話せる方法を知りたい方。

留学しなくても英語を話せる様になった経験者の話を聞きたい方

留学しなくても英語を話せる様になるためのオススメYouTuber(ユーチューバー)を知りたい方

この様な方向けの内容です。

スポンサーリンク

留学しなくても英語を話せる方法【オススメ本2冊とYouTube動画】

Plan your day ahead

私の学生時代、少なくとも30年以上前は「英語を話せる様になりたいので海外留学します」と言うのが一般的でした。

時は流れ「英語を話せる様になるためには、海外留学は必須」と言う時代は既に過ぎ去りました。

この30年間でネイティブが話す英語、生きた英語を学ぶことができる環境は激変しました。

今から30年前と言えば1992年(平成4年)それから現在2022年(令和4年)までの英語学習環境をまとめてみました。

英語を話せる様になるためには

  • 1992年(平成4年)
    • NOVAを筆頭に英会話スクールがブームになるが、生きた英語を学ぶには、まだまだ留学しないと英会話が習得できない時代。
  • 2002年(平成14年)
    • NOVAを初め駅前留学が定着し、ネイティブ講師から生きた英語を学べる環境には近づけたものの、費用的時間的確保を考慮すると、まだまだ「英語を話せる」には非現実的環境。
  • 2012年(平成24年)
    • YouTubeは既に存在していたが、まだ世間の認知は低く、YouTubeを効果的に英語学習を取り入れて学習している人は、まだ少ない。スピードラーニングなどの様な有料商材での学習が人気となり、生きた英語を学べる選択肢の1つとなる。
  • 2022年(令和4年)
    • いわゆるYouTuber(ユーチューバー)がテレビタレントを凌駕する時代で、世界の優秀な英語系YouTuber(ユーチューバー)も多数登場し、在宅無料で生きた英語を学べる時代。オンライン英会話も充実し、格安でネイティブと英会話トレーニングを受ける事ができる時代。

ガジェッドの普及も大きく変化しました。

30年前はパソコン・スマホどころか携帯電話もない時代、20年前は家庭や個人にパソコンや携帯電話は普及はしたが、スマホやタブレットは誰も持ってない時代、10年前はパソコン・スマホ・タブレットが浸透し始めた時代、そして現在はパソコン・スマホ・タブレットがなくては、生活がしにくい時代。

タレントがテレビから情報発信する時代から、個人が動画でコンテンツを配信する時代。

現在は英語を学習できる環境が、昔と比べ劇的に変化し、優秀な英語の先生からお家で、いつでも、無料で学習できる時代なのです。

更に付け加えると、高額な留学費用を支払わなくとも、家で一人で、無料あるいは格安でネイティブの生きた英語、日常英会話が習得できる時代となりました。

環境は整いました。後はやり方です。まずは留学経験がなくても流暢な英語を話せる様になったお二人の著書を紹介します。

齊藤兼司さんの著書留学しないで「英語の頭」をつくる方法 (中経出版)ミラクル・ベル・マジックさんの著書英語が話せる人はやっている 魔法のイングリッシュルーティンです。

更にネイティブの生きた英語が学べるオススメのYouTube動画を紹介します。

スポンサーリンク

留学しなくても英語を話せるには【英語脳を養う】齋藤兼司氏

Learning from home can be difficult,but it's definitely achievable.

留学しないで「英語の頭」をつくる方法 (中経出版)の著者齊藤兼司氏は、私たち同様日本の学校教育で英語を学んでいた普通の学生だったそうです。

齋藤氏は高校2年の頃に週1回の外国人講師の授業で ” Where do you live ? “と聞かれ、頭が真っ白になった経験から、「絶対に英語を話せる様になろうと」決意され、その後ネイティブ英語を学習し、留学経験なく大学生の時に見事バイリンガルなった方です。

英語の専門家として活躍されているのは当然ですが、齋藤氏の実績を物語るのは、自身のお子様3人をネイティブレベルのスピーカーに育て上げた事です。

齋藤氏の唱えるテーマは「英語脳を作る」ことです。

ネイティブと英語でコミュニケーションをするには、頭の中を日本語脳から英語脳に切り替える必要があると言う事ですが、その方法を「聞く」「読む」「話す」「書く」のスキル単位で具体的に解説しています。

日本人が英語を話せない理由の一つに、学校英語の影響が大きくあります。

学校英語の目的は、受験に合格するための英語、ネイティブの生きた英語とかけ離れた英語を暗記し、単語単位で日本語に置き換え、点数を獲得するための英語に没頭してきたため、日本語脳的英語が刻み込まれてしまったのです。

その呪縛(日本語脳的英語)をネイティブの考えている頭(英語脳)に切り替えるノウハウが詰まった書籍留学しないで「英語の頭」をつくる方法 (中経出版)は、本当にオススメします。

レビュー記事も書いてますので、参考にしてください。

留学しなくても英語を話せるには【ひとりごと】ミラクル・ベル・マジック

take down notes

ミラクル・ベル・マジックさん(以後ベルさん)は芸名で正真正銘の日本人です。彼女は20代で自ら開発した学習法で英語を学習し、見事な英語を話せる様になりました。

その学習法は毎日のルーティンに「ひとりごと」で英語を話すことで、英語を自分の習慣に取り入れる、とてもユニークで実用的な学習法です。

「ひとりごと」はアウトプット学習の一つで、始めは「めちゃくちゃタイム」として見たものを単語レベルから英語に置き換え、余裕があれば簡単な英文にするところからトレーニングし、その後「しっかりタイム」で正しい英語に修正していく、実用的なノウハウです。

ベルさんも留学せず英語を話せる様になった一人ですが、そのノウハウは日常を意図的に英語に囲まれた環境に作り上げ、留学しているかの様に、部屋も洋風にしたり、海外のドラマや映画を視聴し、朝目覚めてから英語で「ひとりごと」を話す事をルーティン化し、あたかも日本にいながら海外留学している様な環境に仕立て上げ、英語を自分のものにした。

これらのノウハウを分かりやすく説明した英語が話せる人はやっている 魔法のイングリッシュルーティンは、ユニークでとても実用的なので参考になります。

レビュー記事はこちらです。

留学しなくても英語を話せるには【YouTubeを活用】ネイティブから学ぶ

set up your study space

冒頭で説明した通り、現在はYouTubeを中心に個人が動画で情報を発信する時代になり、台本に従いタレントが発するテレビと異なり、いわゆるYouTuber(ユーチューバー)が独自のコンテンツを提供しているので、独創的で人気の動画は、テレビ以上に楽しめます。

英語教育系のYouTubeもとても充実していて、何と言っても世界中の優秀なYouTuber(ユーチューバー)から自宅で好きな時間に無料で学習できるのです。

英語を学ぶ環境はこの10年で大きく変化しました。私も50歳を超えYouTubeで英語を学び、ネイティブの生きた英語を学習し、学生時代には絶対出会えなかったネイティブの英語講師から正しい英語を学べるので、英会話を目的とした留学の必要性は、なくなってきたと実感しています。

多くの英語学習系YouTuber(ユーチューバー)でも、生きた英語を学ぶには、ネイティブの英語講師から学ぶことをオススメしています。

日本人英語講師がダメと言う訳ではないですけど、発音や生きた英語の表現を学ぶには、ネイティブには敵いません。

初心者や大人のやり直し英語学習者レベルの方は、日本語を話せるネイティブYouTuber(ユーチューバー)から学ぶことをオススメします。

私は3人のYouTuber(ユーチューバー)から生きた英語を学びました。

3人とも抜群の日本語力、更に日本の英語教育事情にも精通しており、そして何と言っても説明が分かりやすいのです。

  • ステップ1 ニック式英会話
    • ネイティブ英語の基礎が学べます。とにかく分かりやすいです。
      • YouTube配信開始 : 2018/11/22
  • ステップ2 サマー先生と英会話!
    • 発音の基礎が学べます。英語の発音はネイティブ講師に学ぶより他はありません。
      • YouTube配信開始 : 2017/5/10
  • ステップ3 Hapa 英会話
    • 膨大な数のネイティブの表現を紹介しています。英語の総合力を養えます。
      • YouTube配信開始 : 2014/2/8

ステップ3をバランス良く学んだら、ネイティブが世界中の非ネイティブに配信している英語学習系YouTubeも紹介しておきます。

Speak English With Vanessa は、表情豊かなVanessa(ヴァネッサ)先生が世界中の英語学習者に向けて、英会話の基礎を配信しています。

こちらのYouTube動画は全て英語での講義、もちろんヴァネッサ先生も意識して、聞き取りやすく話していますので、ある程度聞き取れると思いますので、是非チャレンジしてください。

詳しくはこちらの記事を参照して下さい。

まとめ

Lessen distractions.

留学しなくても英語を話せる方法を紹介しました。ネイティブが使っている生きた英語を学ぶには、ネイティブより学ぶより他はありません。

2~30年前では留学するより他はなかったネイティブ英語を学ぶ方法は、現在YouTubeの影響とパソコン・スマホ・タブレットの普及により、世界中の優秀なYouTuber(ユーチューバー)から生きた英語を学べる時代になり、英会話を目的とした留学なら、いつでも在宅で無料で学習できるYouTubeやオンライン英会話で十分学べる時代になりました。

実際に留学をしなくても英語を話せる様になったお二人の著書、留学しないで「英語の頭」をつくる方法 (中経出版)英語が話せる人はやっている 魔法のイングリッシュルーティンを紹介しまし、更にオススメのYouTube、ニック式英会話サマー先生と英会話!Hapa 英会話の3つと、少しステップしたSpeak English With Vanessa を紹介しました。

コメント