【オススメ鳴門観光】うずしお・大塚国際美術館【格安徳島旅行2日目】

大人の私生活や旅の話(英語以外)
システィーナ礼拝堂 ミケランジェロ・ブオナローティ 大塚国際美術館

格安の鳴門観光について興味のある方

鳴門のうずしお観潮船アクアエディとわんだーなるとのメリット・デメリットを知りたい方

大塚国際美術館についての感想を聞きたい方

鳴門ー大阪間のJRバスの利用方法、オススメの乗車方法を知りたい方

この様な方向けの内容です。

スポンサーリンク

【オススメ鳴門観光】うずしお・大塚国際美術館【格安徳島旅行2日目】

JR鳴門駅

2020年5月のゴールデンウイークを利用して、南海電鉄のお得なチケット「とくしま好きっぷ」を使い、大阪のなんば駅から和歌山港経由徳島港まで行ってきました。

徳島でプチ観光をすませてから、目的地の鳴門まで行き、一泊してきました。

前回はその徳島旅行の1日目を紹介しました。

今回はその続き2日目です。

今回の旅ブログの工程は以下の通りです。

2022年5月3日・4日の2日間で要した費用は、宿泊費・交通費・飲食費含め、およそ\20,000でした。内容は十分楽しめました。

1日目 2022年5月3日 快晴

  • 南海電鉄なんば駅 出発
    • 9:10
      • 特急サザン 座席指定 費用¥520
  • 和歌山港駅 到着
    • 10:15
  • 和歌山港 出発
    • 10:35
      • 南海フェリー
  • 徳島港 到着  費用¥2,200(とくしま好きっぷ)
    • 12:50
  • 徳島港 出発
    • 13:05
      • 徳島バス(路線バス)
  • JR徳島駅 到着費用¥210
    • 13:26
  • 昼食 徳島ラーメン(麵屋六根) 費用¥750
  • 観光 徳島城跡見学
  • JR徳島駅 出発
    • 15:00
      • JR
  • JR鳴門駅 到着費用\360
    • 15:40
  • 夕食 居酒屋(たまり場) 費用\4,000
  • 宿泊 NEXELα鳴門 費用\2,800

2日目 2022年5月4日 快晴

  • 鳴門駅 出発
    • 7:18
      • 徳島バス(路線バス)
  • 鳴門観光港 到着
    • 7:50 費用\320
  • 観光 うずしお観潮船(アクアエディ)に乗船し鳴門の渦潮を見学
    • 8:15 ― 8:40費用\2,400
  • 鳴門観光港 出発
    • 8:49
      • 徳島バス(路線バス)
  • 大塚国際美術館前 到着
    • 8:53 費用\110
  • 観光 大塚国際美術館を見学
    • 9:00 ― 11:00 費用\3,300
  • 大塚国際美術館前 出発
    • 11:13
      • 徳島バス(路線バス)
  • 小鳴門橋 到着
    • 11:25 費用\250
  • 昼食 うずしお食堂
    • 13:00 ー 13:15 費用\880
  • 高速鳴門 出発
    • 15:00
      • 西日本JRバス(高速バス)
  • 大阪駅 到着
    • 17:23 費用\3,230

2日目は早起きして、鳴門の渦潮を観潮した後、大塚国際美術館を訪れました。

スポンサーリンク

2日目【うずしおクルーズ】鳴門の観潮船は2船【アクアエディの感想】

鳴門の渦潮は鳴門海峡で発生する現象で、渦潮を観潮できる観潮船で船内・船外から楽しめます。

鳴門駅からは徳島バス(路線バス)を利用すれば、30分程度で観潮船乗り場である鳴門観光港に到着できます。

観潮船は2船あります。

  • 大型観潮船 わんだーなると
  • 小型水中観潮船 アクアエディ
うずしお観潮船

奥が大型観潮船「わんだーなると」手前が小型水中観潮船「アクアエディ

大きさは見ての通り結構違いがあります。

私が乗船したのは小型水中観潮船の「アクアエディ

大きさの違いは写真を見れば一目瞭然でありますが、特徴は少し違います。

詳細は後で述べますが、「アクアエディ」は船内から観潮できる点が、「わんだーなると」との違いです。

私は小型水中観潮船のアクエディアを選択しました。

結論から申し上げますと

うずしお観潮船は大型観潮船「わんだーなると」で十分楽しめます。

大型観潮船「わんだーなると」と小型水中観潮船「アクアエディ」の違いを、もう少し詳しく比較します。

船名大きさ特徴予約所要時間料金
わんだーなると大型うずしおの真上まで進む不要30分1,800円
アクアエディ小型水中展望室がある必要25分2,400円
うずしお観潮船のホームページ

料金は「わんだーなると」の方が「アクアエディ」より600円も安く、しかも5分長く楽しめます。

私がアクアエディを選択した理由は、ゴールデンウイークと言う繁忙期であったため、予約をした方が無難だろうと考えたため、600円高いアクアエディ選択しました。

アクアエディの特徴である水中展望室も期待の一つでしたけど、私の感想は「今一つ・・・」と言った所です。

アクエディは出港後、うずしおのポイントまで水中展望室の指定席で向かいます。

この水中展望室は鳴門の水中を見れるのがですが、ほとんど何も見えない・・・のが現状でした。

動画を撮影したので、ご覧ください。

アクアエディは水中だけでなく、外からも観潮できます。こちらの動画もアップしておきましたので外からの観潮と鳴門の風景もお楽しみ下さい。

後には「わんだーなると」も写っています。

私の感想は

渦潮は上から見た方が楽しめるので、次回はわんだーなるとに乗ってみよう!

鳴門駅~うずしお観潮船(アクアエディ) タイムスケジュール

  • 鳴門駅 出発
    • 7:18
      • 徳島バス(路線バス)
  • 鳴門観光港 到着
    • 7:50 費用\320
  • 観光 うずしお観潮船(アクアエディ)に乗船し鳴門の渦潮を見学
    • 8:15 ― 8:40費用\2,400

大塚国際美術館を見学【世界初の陶板名画1000点】山の中の美術館

渦潮を観潮してから大塚国際美術館へはバスで5分もあれば行けます。

連休の快晴日と言う事もあり開館前に長蛇の列でした。

大塚国際美術館は山の中に作られた巨大な美術館です。地下3階から地上2階まであり、入口を通るといきなり急こう配の長ーいエスカレーターでフロアに向かいます。

真珠の耳飾りの少女 ヨハネス・フェルメール 大塚国際美術館

作品はもちろんレプリカですが、古代から現代まで原寸大で1000余点楽しめます。

本当に好きな方であれば、1日では足りないでしょう!

鳴門観光港~大塚国際美術館 タイムスケジュール

  • 鳴門観光港 出発
    • 8:49
      • 徳島バス(路線バス)
  • 大塚国際美術館前 到着
    • 8:53 費用\110
  • 観光 大塚国際美術館を見学
    • 9:00 ― 11:00 費用\3,300

西日本JRバスで大阪駅まで2時間30分【高速鳴門から乗車】

大塚国際美術館からの眺望

大塚国際美術館を鑑賞を終え、西日本JRバスで大阪に帰ります。西日本JRバスは大阪駅に直結してるため、とても便利な高速バスです。

他の民間バスの発着場は、駅から少し離れていたりしますが、JRバスは何と言ってもJRの駅が発着場なので、これはJRバスの強みです。

西日本JRバスは徳島ー大阪便は頻繁に運行してますが、大塚国際美術館前は一部のバスしか停車しませんので、高速鳴門バスターミナルまで移動し、そこから乗車することにしました。

大塚国際美術館から徳島バスで小鳴門橋で下車し、うずしお食堂でお昼ご飯。鳴門ボートレース場の前で、レース開催日だったので混雑していました。

お店は家族経営で暖かい雰囲気、地元の味が楽しめて私は好きです。

昼食後JRバスのバスターミナル高速鳴門からバスに乗車します。

高速鳴門は高速道路上にターミナルがあり、高速道路の下の受付からすろっぴーと言うスロープカーで乗り場まで楽々に移動できます。

西日本JRバス 大阪駅

高速鳴門から高速舞子・JRなんば経由で終点のJR大阪駅に到着しました。2時間30分の移動も空席が多く快適でした!

バスの旅もいいですね。

鳴門へは西日本JRバスが便利です。

大塚国際美術館~高速鳴門~JR大阪駅 タイムスケジュール

  • 大塚国際美術館前 出発
    • 11:13
      • 徳島バス(路線バス)
  • 小鳴門橋 到着
    • 11:25 費用\250
  • 昼食 うずしお食堂
    • 13:00 ー 13:15 費用\880
  • 高速鳴門 出発
    • 15:00
      • 西日本JRバス(高速バス)
  • 大阪駅 到着
    • 17:23 費用\3,230

まとめ

大鳴門橋とうずしお観潮船わんだーなると

2022年5月3日から4日のゴールデンウイークに、徳島の鳴門までプチ旅行に行ってきました。行きは南海電鉄のお得なチケット「とくしま好きっぷ」を使って格安に鳴門に到着までを紹介しました。

いつもは50歳を過ぎた私の英会話学習法紹介していますが、今日は趣向を変えて私の旅ブログを紹介しました。今回は旅の2日目です。

2日目はスケジュールと費用は下記の通りです。

  • 鳴門駅 出発
    • 7:18
      • 徳島バス(路線バス)
  • 鳴門観光港 到着
    • 7:50 費用\320
  • 観光 うずしお観潮船(アクアエディ)に乗船し鳴門の渦潮を見学
    • 8:15 ― 8:40費用\2,400
  • 鳴門観光港 出発
    • 8:49
      • 徳島バス(路線バス)
  • 大塚国際美術館前 到着
    • 8:53 費用\110
  • 観光 大塚国際美術館を見学
    • 9:00 ― 11:00 費用\3,300
  • 大塚国際美術館前 出発
    • 11:13
      • 徳島バス(路線バス)
  • 小鳴門橋 到着
    • 11:25 費用\250
  • 昼食 うずしお食堂
    • 13:00 ー 13:15 費用\880
  • 高速鳴門 出発
    • 15:00
      • 西日本JRバス(高速バス)
  • 大阪駅 到着
    • 17:23 費用\3,230
  • 【ブログ実践者向け】
  • ブログを始めてはみたけど、まったく稼げなくて(+_+)それは正しいやり方を知らないだけです。ママさんブロガーぽむこさんの教材で学べます。
  • ブログ講座アフィリエイト

コメント