【とくしま好きっぷ】で格安徳島旅行【大阪ー鳴門 片道2,930円】

JR鳴門駅大人の私生活や旅の話(英語以外)

南海電鉄のお得なチケット「とくしま好きっぷ」に関心のある方

関西・四国地方で船や鉄道など交通機関を使った格安旅行をお探しの方

大阪から鳴門まで格安に行ける方法を知りたい方

この様な方向けの内容です。

スポンサーリンク

【とくしま好きっぷ】で格安徳島旅行【大阪ー鳴門 片道2,930円】

南海電鉄が発売している「とくしま好きっぷ」は、大阪のなんば駅から和歌山を経由して、徳島までなんとフェリー代込みでたった2,200円で行けるお得な切符です。

先日のゴールデンウイーク、この切符を利用して鳴門観光に1泊2日の旅に行ってきました。

いつもは50歳を過ぎた私の英会話学習法を紹介していますが、今回は趣向を変えて、わたしの旅ブログをお届けします。

今回の旅ブログの工程は以下の通りです。

2022年5月3日・4日の2日間で要した費用は、宿泊費・交通費・飲食費含め、およそ\20,000でした。内容は十分楽しめました。

1日目 2022年5月3日 快晴

  • 南海電鉄なんば駅 出発
    • 9:10
      • 特急サザン 座席指定 費用¥520
  • 和歌山港駅 到着
    • 10:15
  • 和歌山港 出発
    • 10:35
      • 南海フェリー
  • 徳島港 到着  費用¥2,200(とくしま好きっぷ)
    • 12:50
  • 徳島港 出発
    • 13:05
      • 徳島バス(路線バス)
  • JR徳島駅 到着 費用¥210
    • 13:26
  • 昼食 徳島ラーメン(麵屋六根) 費用¥750
  • 観光 徳島城跡見学
  • JR徳島駅 出発
    • 15:00
      • JR
  • JR鳴門駅 到着 費用\360
    • 15:40
  • 夕食 居酒屋(たまり場) 費用\4,000
  • 宿泊 NEXELα鳴門 費用\2,800

2日目 2022年5月4日 快晴

  • 鳴門駅 出発
    • 7:18
      • 徳島バス(路線バス)
  • 鳴門観光港 到着
    • 7:50 費用\320
  • 観光 うずしお観潮船(アクアエディ)に乗船し鳴門の渦潮を見学
    • 8:15 ― 8:40費用\2,400
  • 鳴門観光港 出発
    • 8:49
      • 徳島バス(路線バス)
  • 大塚国際美術館前 到着
    • 8:53 費用\110
  • 観光 大塚国際美術館を見学
    • 9:00 ― 11:00 費用\3,300
  • 大塚国際美術館前 出発
    • 11:13
      • 徳島バス(路線バス)
  • 小鳴門橋 到着
    • 11:25 費用\250
  • 昼食 うずしお食堂
    • 13:00 ー 13:15 費用\880
  • 高速鳴門 出発
    • 15:00
      • 西日本JRバス(高速バス)
  • 大阪駅 到着
    • 17:23 費用\3,230

快晴のゴールデンウイークに交通費・宿泊費・遊興費・飲食費含め¥21,330。

片道の交通費は特急の座席指定券含め\2,930。

何と言っても「とくしま好きっぷ」の恩恵が一番大きいのは言うまでもありません。

スポンサーリンク

1日目【とくしま好きっぷ】南海電鉄の主要駅であればどこでも買える

特急サザン指定席

「とくしま好きっぷ」は南海電鉄の主要駅の窓口で、どこでも買えます。券売機でも買えます。

この旅のスタート地点は南海電鉄なんば駅。午前9時10分発の和歌山港行の特急サザンで和歌山港まで行きます。

特急サザンは和歌山方面から前4両は転換クロスシートの有料座席指定、後4両は「いわゆる」通勤車両で使用されるロングシート。

和歌山港に到着は午前10時15分、およそ1時間の旅でオススメはやっぱり転換クロスシート、特急料金は520円、横座りのクロスシートでの1時間は、結構つらいもんです。しかもゴールデンウイークと言う事もあり、座れる保証もありません。

特急サザンでは迷わず520円追加して転換クロスシートを選択してください。

なんば駅~和歌山港 タイムスケジュール

  • 南海電鉄なんば駅 出発
    • 9:10
      • 特急サザン 座席指定 費用¥520
  • 和歌山港駅 到着
    • 10:15

【とくしま好きっぷ】和歌山港に到着後、南海フェリーまで直通

南海フェリー

コロナ禍のため食堂は閉鎖中でした。座席は食堂含めグリーン室以外フリーです。2時間15分の船旅は甲板から空や海や島々を眺めている間に、あっという間に到着します。

和歌山港

和歌山港を出発

南海フェリー

天気が良かったので、いつまでも和歌山が良く見える。

淡路島

右手に淡路島が見えてきました。

大鳴門橋

さらに右手に大鳴門橋が見えてきました。

徳島港

徳島の街並みが見えてきました。

和歌山港~徳島港 タイムスケジュール

  • 和歌山港 出発
    • 10:35
      • 南海フェリー
  • 徳島港 到着  費用¥2,200(とくしま好きっぷ)
    • 12:50

徳島港到着からバスでJR徳島駅へ【徳島ラーメン】と【徳島城跡】

徳島市立徳島城博物館

徳島港からJR徳島まで20分もあれば到着しまし。大阪の中心地なんば駅から、四国徳島の中心地徳島駅まで、約4時間で到着しました。これまでの交通費は「とくしま好きっぷ」2,200円に南海電鉄の特急サザンの指定席520円、合わせて2,720円のみです。

徳島バス

フェリーを下船すると徳島バスが到着に合わせて待ってくれています。

JR徳島駅

JR徳島駅に到着しました。遅めの「お昼ごはん」にします。

麵屋六根

お昼は徳島駅の近くにある「麵屋六根」の中華そば750円を頂きました。

徳島城跡

JR徳島駅の裏に徳島城跡地があります。1時間程度の観光に丁度良いロケーションです。

徳島港~徳島城跡 タイムスケジュール

  • 徳島港 出発
    • 13:05
      • 徳島バス(路線バス)
  • JR徳島駅 到着 費用¥210
    • 13:26
  • 昼食 徳島ラーメン(麵屋六根) 費用¥750
  • 観光 徳島城跡見学

徳島駅から鳴門駅へ【夕食と格安ホテル NEXEL@鳴門】

JR徳島駅

おいしい徳島ラーメン麵屋六根を食べ、徳島城跡を散歩してから、いよいよ本日の目的地鳴門へ向かいます。

JR四国の在来線に乗って徳島駅から鳴門駅に向かいます。とてものどかでディーゼル音に癒されます。

のどかな徳島の風景を味わいながら2両編成のディーゼル車は40分で終点の鳴門駅に到着

夜はホテルの隣にある居酒屋たまり場で乾杯しました。店員さんも愛想よく、料理、サービスともに満足しました。

居酒屋たまり場の目の前が本日のお宿NEXELα鳴門で一泊\2,800の格安素泊まり

JR徳島駅~JR鳴門駅~宿泊 タイムスケジュール

JR徳島駅 出発
15:00
JR
JR鳴門駅 到着 費用\360

15:40
夕食 居酒屋(たまり場) 費用\4,000
宿泊 NEXELα鳴門 費用\2,800

まとめ

JR四国鳴門駅

2022年5月3日から4日のゴールデンウイークに、徳島の鳴門まで南海電鉄のお得なチケット「とくしま好きっぷ」を使って格安・お手軽にプチ旅行に行って来ました。

いつもは50歳を過ぎた私の英会話学習法紹介していますが、今日は趣向を変えて私の旅ブログを紹介しました。

今回は旅の1日目です。

1日目はスケジュールと費用は下記の通りです。

  • 南海電鉄なんば駅 出発
    • 9:10
      • 特急サザン 座席指定 費用¥520
  • 和歌山港駅 到着
    • 10:15
  • 和歌山港 出発
    • 10:35
      • 南海フェリー
  • 徳島港 到着  費用¥2,200(とくしま好きっぷ)
    • 12:50
  • 徳島港 出発
    • 13:05
      • 徳島バス(路線バス)
  • JR徳島駅 到着 費用¥210
    • 13:26
  • 昼食 徳島ラーメン(麵屋六根) 費用¥750
  • 観光 徳島城跡見学
  • JR徳島駅 出発
    • 15:00
      • JR
  • JR鳴門駅 到着 費用\360
    • 15:40
  • 夕食 居酒屋(たまり場) 費用\4,000
  • 宿泊 NEXELα鳴門 費用\2,800

オンライン英会話に興味のある方は、私も実践しているレアジョブ英会話をオススメしています。

レアジョブ英会話の効果的な使い方を知りたい方をこちらの記事を参照して下さい。

コメント