大人の中学英文法【助動詞Will Wouldの使い分け】これだけを厳選

73catch大人の英文法学習
online_school_girl

大人のやり直し英語学習者や初心者英会話学習者で何から手を付けたら良いか分からない方

英会話に必要な最低限の英文法を知りたい方

中学レベルの英文法「助動詞」の役割や、” Will ” や ” Would “の使い方を知りたい方

スポンサーリンク

大人の中学英文法【助動詞Will Wouldの使い分け】これだけを厳選

catch5

社会人英語学習者や初心者英会話学習者は、中学レベルの英文法を復習する事からはじめることが最も効果的です。

それでも中学生時代から時が経ってしまっては、簡単な事ではないと考えるのも致し方ないです。

その中学レベルの英文法を厳選して英会話に最低限「これだけ」を紹介します。この記事では英語の助動詞の使い方、役割を説明します。

英語の品詞で日本語にはない品詞の一つが助動詞です。助動詞はとても便利な品詞ですが1語に含んだ意味が多くあり奥の深い品詞です。

助動詞は文字通り動詞を助ける役割で、動詞に感情や気持ちを付加します。

助動詞の後は全て動詞の原形になります。

学校英語(受験英語)では口語表現は、あまり重きを置かないので、意外と知らない表現も多く有るかもしれません。

英会話学習を始めたいと考えている社会人、学校を卒業して相当時間が経った大人のやり直し英語学習者、すべての初心者英会話学習者には、ネイティブが使っている助動詞の使い方を知れば英会話学習にとても有効です。

難しい単語は一切ありません。ベースはすべて中学英文法です。

これから紹介する助動詞” Will ” と ” Would ” の使い方や例文は、全て日本語を完璧に話せるネイティブの先生、サマー先生ことサマー・レインさんニック先生ことニック・ウィリアムソンさんジュン先生ことジュン・セニサックさんの解説に基づいていますので間違いはありません。安心して学習してください。

3人の先生が解説したYouTube動画も貼っておきますので、併せてご覧ください。

中学英文法をしっかり復習したい方は中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。をオススメします。

助動詞 【Will】【Would】の使い方、役割

助動詞の ” will ” は基本的には2つの意味と役割があります。1つは未来を表し、もう1つは本人の意思を表現する助動詞です。

  • I will go to work tomorrow. 私は明日仕事に行きます。(未来)
  • I will do it. 私がします。(意思)

” will “の過去形は、” would ” 否定形は、” won’t “です。” would ” には過去形としての役割もさることながら、仮定法過去の応用として” would “「もし~であるならば・・・」の含んだ独立した助動詞の役割もあり、かなり奥深いです。

この奥深さが助動詞の役割で、ネイティブの英語を理解する上でとても大事です。” would “の応用は後で紹介するとして、” Can ” や ” Could ” 同様「依頼」や「お願い」で使う表現を紹介します。

「依頼」や「お願い」をする【Will】と【Would】

” Will ” と ” Would ” には ” Can ” と ” Could ” と同様「依頼」や「お願い」をする時に使います。

” Will you ~ “「~してくれない?」 ” Would you ~ “「~してくれますか?」と使えます。

” Will ” と ” Would ” の違いは、” Can ” と ” Could “の違い同様、丁寧の度合いが違います。

英語の過去形は現在形より丁寧な表現になります。先に述べた仮定法過去です。

(もし可能であれば)~していただけますか?と言う遠回しな表現が丁寧さとして伝わります。

助動詞” Can ” と ” Could ” の「依頼」や「お願い」も同じ表現で使えます。 助動詞” Can ” と ” Could ” の使い方や様々な応用法についての記事は、こちらを参照して下さい。

これら「依頼」として使われる助動詞 ” Can “ ” Could “ ” Will “ ” Would ” 4つのニュアンスの違いについてなりきり英語音読の書籍内の表を紹介させて頂きます。

Could you ~ ?
~していただけますか?
目上の人にも友達にも使える。万能。
Would you ~ ?
~してくれますか?
やや丁寧。目上の人が目下の人に使う傾向。
Can you ~ ?
~してもらっていい?
友達や家族に頼むとき。
Will you ~ ?
~してくれない?
友達や家族間で。「ちょっとこれやって」という感じ。
なりきり英語音読 著 サマー・レイン 参照
スポンサーリンク

大人の中学英文法【助動詞Would応用編】使い分け「これだけ」厳選

4catch

助動詞の ” would “には日本人英語学習者が知らない多くの使い方があります。学校英語(受験英語)では、まったく教えてもらえないネイティブが使う英文法、特に助動詞は顕著でネイティブなら子供でも当たり前の様に使っていても、学校では教えないのが日本の英語教育。

中学・高校・大学と受験の合格を目的とした英語を一生懸命学習したお陰で、英会話が出来なくなったと言う皮肉的な現象が今の日本の英語教育環境です。

英会話に必要な英語はネイティブから学ぶより勝るものはありません。

サマー先生から学ぶ【助動詞Would応用編】「昔は~したものでした」

「昔は~したものでした」と言う表現で思い浮かぶのが ” used to “だと思います。

  • I used to swim every day. 私は昔毎日泳いでいた。
  • This town used to be so quiet. 昔はこの街はとても静かだった。

” used to ” はネイティブもよく使う句動詞で ” to ” の直後に動詞の原形が続きます。学校英語(受験英語)でも学んだので比較的誰でも使える句動詞です。

実は ” would ” も ” used to “と同じく「昔は~したものでした」と使えることは、日本人英語学習者は、ほとんど知りません。

少しニュアンスは違いますが、なりきり英語音読で日本語も完璧に話せるネイティブのサマー先生が解説しています。なりきり英語音読の表をお借りして紹介します。

used to + 動詞の原形
昔は~したものでした
今は違うけどと言うニュアンス
would + 動詞の原形
昔は~したものでした
昔よくしたことを懐かしむニュアンス
なりきり英語音読 著サマー・レイン 参照
  • On New Year’s Day, my grandfather would make rice cakes. 
    元旦には、祖父がおもちを作ったものでした。

サマー先生のYoutube動画でも解説しています。

英会話のための英文法を学ぶにはなりきり英語音読は本当にオススメです。

ニック先生から学ぶ【助動詞Would応用編】「まさか!」「ありえない!」

助動詞の ” would ” には「まさか!」「ありえない!」と言う感情表現を付加する効果もあるのです。

学校英語(受験英語)では学べない英文法の象徴の様な例です。

ネイティブが当たり前の様に使っている生きた英文法を学ぶには、ネイティブの優秀な先生に学ぶ

ニック式英会話のニック先生ことニック・ウィリアムソンさんのメールマガジン「ひとこと英会話」はこの様なネイティブの生きた英文法の宝庫です。

ニックのひとこと英会話メルマガ
  • Who wouldn’t say yes? 「誰が応じないの!ありえない!」「誰だって応じるでしょう」
  • Who wouldn’t be angry?「誰が怒らないの!ありえない!」「誰だって怒るよ」

この用法 ” would “も英文法上、仮定法過去の応用です。仮定法の応用はネイティブの生きた英語を学べる英会話学習のカギです。

こちらのYouTube動画でニック先生が解説しています。

” would ” の仮定法の応用はまだあります。奥が深い仮定法の助動詞 ” would “をもう少し紹介します。相手にアドバイスを求める時やアドバイスをする時にも使います。

アドバイスを求める例

  • What would you do ?【(あなたがこの状況なら)仮定法】どうする?
  • What would you say ?【(あなたがこの状況なら)仮定法】どう言う?
  • How would you do it ?【(あなたがこの状況なら)仮定法】どの様にしますか?

アドバイスをする例

  • I would break up.【(私だったら)仮定法】分かれるなあ。
  • I would change jobs.【(私だったら)仮定法】転職するなあ。
  • I would be angry.【(私だったら)仮定法】怒るよ。
  • I would be happy.【(私だったら)仮定法】嬉しいけどね

上記の例文は次のYouTube動画で使用されています。分かりやすいニック先生の解説を視聴してください。

ニック先生の書籍は英語脳を鍛える学習ですので本当にオススメです。

ジュン先生から学ぶ【助動詞Would応用編】総復習

” would “の使い方を紹介してきましたが、Hapa英会話でも当然しっかり解説しています。サマー先生・ニック先生、全ての解説をジュン先生のYouTube動画でしっかり復習して下さい。

ジュン先生も多くの例文を用いて分かりやすく説明しています。最後にこれら2つを視聴頂ければ、これで英会話のための助動詞 ” will “ ” would “の理解は十分です。

Hapa英会話のジュン先生の本もネイティブの生きた英語が盛りだくさんです。

まとめ

サムネイル9
  • 社会人英語学習者や初心者英会話学習者は、中学レベルの英文法を復習しましょう。
  • 「依頼」や「お願い」をする時は【Will】と【Would】を使います。ニュアンスの違いや使い方を解説しました。
  • 3人のネイティブの先生が紹介している仮定法としての【Would】の様々な使い方を紹介しました。

コメント